瑕疵:KASHI   「ancode」

瑕疵:KASHI

瑕疵:KASHI 「ancode」

¥2000

jigen-022

2021.12.24 in store

マツシタ カズオ(ex O.A.D.)率いるニューグループ、瑕疵は漆黒から生成されるポスト・ジャズへのパスポート。
作曲と即興の交差点で発火するクールな炎のような演奏を‘先端’と呼ぶ事に躊躇いはない。
瑕疵:マツシタ カズオ(sax,piano)鳴瀧朋宏(bass)衣笠智英(drums) guest:登敬三(sax)豊永亮(guitar)

prologue                    07:56
emotion and humans        11:39
ancode                      06:45
metal flower                07:42
the fruit of intelligence   04:39

■ 瑕疵  kashikazuo  matsushita        piano/alto saxophone/ARP odyssey
tomohiro  narutaki        contrabass/electric bass
tomohide  kinugasa      drums■ guest  playerakira  toyonaga            electric guitar
keizo  nobori                 tenor saxophone/soprano saxophone■ recording engineer      hitoshi  okunari (CLEAR SPOT)

■ collaborators

art director              chie  yamada

 

song and arrange by KASHI

recorded by hitoshi okunari at gokuraku studio Osaka June 13 – July 10, 2021

mix  and mastering by hitoshi okunari and KASHI

art director  chie yamada

produced by KASHI

Jigen production 2021 jigen 022

 

 

 

 

レジェンドの復活と呼んで何の差支えがあろう。90年代、シーンを震撼させたハイパー・ダブ・バンドO.A.D.のリーダーであったマツシタ カズオ(sax,piano)の再登場。瑕疵の持つサウンドは大きな容器の中で楽曲、即興演奏、音響が溶け合いながらグルーブを伴い、向かってくる。この聴覚刺激的、且つ下半身を揺らすプッシュ力を秘めたマジックのようなサウンドにマツシタの先端への嗅覚と時代の不足に対する直観を感じる。鳴瀧朋宏(bass)、衣笠智英(drums)による鉄壁のリズムセクションが作りだす多次元の空間の中を理知的なピアノと閃光のように放たれるsax。更には登敬三(sax)豊永亮(guitar)というエッジフルなゲストプレイヤーのスパイスを注入する事でカテゴライズ不能な作品が誕生した。録音はマツシタの盟友、奥成一志が担当。ミックス、マスタリングは奥成とメンバー全員で長い時間を費やし、完成。この五感に訴えるべく力感あふれる録音作品は多様化し細分化され尽くされた音楽シーンに一石を投じるインパクトを放つ。2021年作品

PAGE TOP