宮本 隆 -Miyamoto Takashi-|時弦プロダクション

2018.4.30地下室の幻想-春より

4300001430ura0001

4月30日(月・祝日)   18:00開場 18:30開演

2000円(+1drink order )

@environment 0g [ ゼロゲージ ]

 

⚪︎俊山晶子 : サウンドコラージュ

⚪︎島田篤 : キーボード

⚪︎宮本隆 : ベース

⚪︎木村文彦 : パーカッション

⚪︎ヨーロピアン・クラッチ

(Kim Woohae ,スダ・ユウコ)

⚪︎コヤマエイジ : 映像

 

主催 俊山晶子

予約:090-7111-7408(俊山)

 

environment 0g [ ゼロゲージ ]

大阪市西区南堀江3-6-1 西大阪ビルB1F

nuthingsjajouka@gmail.com

 

島田 篤(キーボード)

ピアノ・キーボード演奏家 / 作編曲家 / 弾き語りジャンルを問わない様々なグループやセッション、レコーディングに参加。 自己の音楽として、・弾き語りSOLO『Inner Song』・オリジナルジャズQUARTET・インプロヴィゼーションSOLOそして、環境音等の音素材を即興と楽曲にちりばめたインプロ系アンビエントバンド『KYA』、KYAと映像作家・小倉恒夫とのコラボレート『MICRO COSMOS』。過去には、violin, viola, contrabass, pianoによるソフトな現代音楽・新印象派という趣きの弦楽カル テット『LAST YEAR TIME』。また、アルフレッド・ジャリ原作による即興的演劇ライブ『超男性』作演出。

下田逸郎、さねよしいさこ、滝本晃司といったシンガーソングライターや、映像・ダンス・演劇・詩人等とのコラボレート、映画音楽制作と創造性豊かな活動と共に、山根康広、円広志や、インディ時代のコブクロやaikoらのサポート等、多岐に亘る活動を継続、様々な表現者との共演を重ねる。ノンカテゴライズな活動を目指し、常にボーダーレスにクリエイティブに音楽に取り組み続ける姿勢は各方面からの評価も高く、独自の存在感を放っている。

https://shimalog.wordpress.com/

 

俊山晶子 (サウンドコラージュ)

ピンクな妄想抱えつつ浴槽の淵に腰掛け詩・小説・写真コラージュ・音楽を創っております。最近思ったこと、これらまとめて

Twinkle Pink コラージュ作家でいいかと!(何のこっちゃ)只今箱音DUO、リリカルバンビ、ミズタマ・マイマイ・マニア、杉浦こずえさんとのDUOなどで活動中。三上寛詩学校の生徒であり詩集『赤い靴を脱がせて』小説『赤い靴とメロンパン』を出版。昨年末三上寛さんとツインアルバムを発表。

 

木村 文彦 パーカッション

2012年、30年続けたドラマーから脱サラをしてソロ打楽器表現者に転身。 宮本 隆プロデュースのもとファーストアルバム「キリーク」(jigen-007)を発表。音楽各誌で高評価を得る。 音の響きにこだわりぬいた故のセッティングからの音響は唯一無二。楽器の響きだけではなく日用品からの借用も多々。

 

ヨーロピアン・クラッチ

極音美人ベーシスト、スダ・ユウコと癒しイズムなノイズガール、キム・ウヘの2人が、プロレスをキーワードにタッグを結成。国境越えのストーリーを奏でるニューな音の世界を綺麗に描く。

 

コヤマエイジ(映像)

1975年より油彩、写真、実験的アニメーション等創作開始.代表作AZAMI(1980)、ANIMATIONWORKS(2002)、BLACK LIGHT FILM(1986)、ブラックボードの解剖学(2012)、俳句映画ターコイズミルク(2015)。2010年より写真、CG、インスタレーション、上映会の個展的活動行う。現在映像による即興表現に参加。

Eiji Koyama-youtube、Instagram koyamaganka配信中。

 

 

宮本 隆 エレクトリックベース

音楽制作レーベル 時弦プロダクション主宰。時弦旅団(time strings travellers)、3 mirrors(石上和也、木村文彦、宮本 隆)、他、様々なユニットでの演奏活動。2017年6月、初のソロアルバム「Polarization」(KYOU-005)をリリース。

http://www.jigen-p.net/

PAGE TOP